• 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第14話】BYスタッフE

    前回のブログで書いた様に、フランスの地下鉄で無賃乗車の光景を目の当たりにし、少々凹んでしまったが、そう凹んでもいられない、、今日は大切な材料を見に行くアポイントがある日だ!!でも、地下鉄でのカルチャーギャップはまだあった、、。とにかくフランスの電車は、手動で行うことが多い。下車したい駅に着いても、扉は勝手に開いてはくれない。自分でレバーを持ち上げて扉を開けなくてはならない。そして閉まるときは容赦なく自動で閉まる。しかも、下車したい駅が工事中で、この駅には止まりません、、というアナウンスが、まさにその駅を通過中に流れる。一駅前で言っといてくれなあかんやろー!!と、思わず突っ込んでしまった。そして、時刻表なるものは無い。大体3−4分間隔で電車は来る。そして、この間隔は長くなったり、短かったり、その時々で変わる。それに加えて、ストライキなどで、いきなり今からもう運転しません、、となる。

    フランス人が、約束の時間より30分くらい遅れてくるのは当たり前という常識が、ここで生活してみてそうならざるを得ないことが分かった。時間通りに行動するのは至難の技だ。日本のビジネスシーンなら(ビジネスシーンに限らずとも)、時間に遅れる=社会人失格である。しかし、これは地下鉄一つを取ってもそうだが、日本のように、全てが時間通りに回っている社会だからこそ実現できることだ。フランス人が強い訳がわかってきた、、。フランス人のケセラセラの精神は、きっと、なるようになるさ、、という、ここで生きている人たちの、諦めにも似た、強く生きたるわい!という意志の表れような気がした。次回に続く、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第13話】BYスタッフE

    本日の目的地はパリの東の方。目的地までは地下鉄に乗る。青から赤に突然変わる信号を渡り、人生初のフランスの地下鉄へ。観光地を通る線では、スリに気をつけるようにとのアナウンスが流れている。やはりそれだけスリ被害が多いということだ。気を引き締めて行こうと思っていた矢先、いきなり無賃乗車に遭遇する。フランスの地下鉄は、各駅ごとに駅員さんがいるわけではない。切符は自販機で購入(クレジットカードも使える)し、日本のように切符を改札に通して電車に乗車するが、僕が目撃した無賃乗車の男性は、切符を買わずに改札口を飛び越えて平然と入っていった。相方を含め、周りにいたフランス人もその光景に動じることはない、、。相方いわく、いつものことだそうだ。実際に、滞在中に何度も目撃する。そして、地下鉄での警察の検閲も何度も遭遇する。フランスの地下鉄は、改札に入るときだけ切符を機械に通し、出るときは切符を通さずに出られるが、こうした不正を防ぐため、警察の検閲があることがあるので、切符は改札を出るまで捨てずに持っておいたほうがよい。しかし、フランスの地下鉄は、僕には無法地帯のように感じた、、。次回に続く、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第12話】BYスタッフE

    フランスに到着した日はスーパーでの軽い夕食を済ませ、翌日からの行動に備えて、というよりも眠気がピークに達し(それもそのはず、日本ではもう朝になる時間だ)、倒れるように就寝した。翌朝、近くのパン屋さんに行ってみた。明るく、ハンサムな男性店主、マイペースな女性店員、常にこの2人が店先にいる。店内には座って食べる小さなスペースもあり、一人でも入れそうな雰囲気。店内に入ると椅子には映画に出てきそうなオールバックの渋い男性客がいたが、店員も客も、さほど僕たち外国人に気をとめることもなく、フランス人と同じ対応だ。男性店主が相方の注文を聞き、早口で色々聞き返している。温めるか、持って帰るか、、などといった内容だと想像する。男性客のほうは既に頼んだものが温まるのを席で待っていて、僕達には目もくれない。女性店員に至っては、男性店主よりも、もっと早口なフランス語で相方に話す。さすがに相方も何度か聞き返していた。パリジャン/パリジェンヌ達はきっと外国人旅行者に慣れている。決して特別扱いはしない。それにしても、ここのパン屋のサンドイッチにボローニャ風ラザニアがめちゃくちゃ美味しかった。僕はラザニアが大好きで、昔、高校生の時、数週間だけニュージーランドに滞在したことがあるが、その時のホームステイ先のお母さんの得意料理がラザニアで、とても美味しかった。その時に匹敵するくらい、いや、あの時よりもっと本格的なラザニアだった。この後の滞在期間中に、何度も食べたくらい美味しかった。フランスのパン屋さんの総菜やサンドイッチはボリュームがあって、男の僕にも大満足な量だ。また食べ物の話で一話終わってしまうが、次回に続く、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第11話】BYスタッフE

    今回も引き続きフランスのスーパーでのお話を。まずワインが安い。日本の3分の1程度の価格だ。ワイン好きにはきっとたまらない。勿論日本に持って帰るまでの輸送代や、その他の経費を考えると、現地で購入する方が高くなるのだが、、。フランスから日本に運んできて、2〜3倍程度の値段で販売できるのは、企業努力だと思う。輸入コストを考えると、原価の5倍位が妥当だろうか、、と、ついつい仕事脳になってしまう。ワインに合う生ハムやパテなども、スーパーで売られているもののクオリティーに対しての値段が破格だと感じた。僕は、食通とは縁遠く、白ご飯大好き男で、普段はワインよりもビールや焼酎を好む。でもフランスに来て初めて、ワインや肉のパテ、生ハムなどの美味しさにどハマりした。そして毎晩ワインを呑み、肉肉しいつまみを食べていたにも関わらず、帰国後に体重が減っていたのには驚いた。そうか!フランスで食べていた食べ方は、ケトジェニックという、糖質を摂らない食べ方に自然になっていたことに気が付いた。気に入って毎日食べていたスーパーのサラダバイキングのささみサラダや、肉のパテなど、糖質を極力摂らず、たんぱく質や脂質を多めに摂る、筋トレをしている人(体を作りたい人)に適した食べ方だ。僕はこの食事がとても気に入った。フランスのスーパーの食材は、僕にってはどれもハイクオリティーに感じた。次回に続く、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第10話】BYスタッフE

    今日もフランスのスーパーの話の続きを。スランスのスーパーで初めて買い物をした印象だが、店員は基本的に無表情である、、。悪く言えば愛想が良くない、、、。全てのスーパーの店員がそうだとは決して言えないが、日本よりはずいぶん無愛想である。初めてフランスのスーパーで買い物をした時、レジ係の人は他の店員とお喋りしながら商品を機械に通していた。合計金額が出ても「幾らになります」と言われることはなく、こちらがお金を出すのを待っている。そして、レジ袋は基本有料。そして、ここからが大変だ。お釣りをもらう作業と荷物を袋に詰める作業を上手く同時に進めないと、次のお客さんの商品がこっちにやってくる!ユーロの金銭感覚がない僕に変わって、精算は相方がやってくれていたので、僕はひたすら商品をレジ袋に詰めた。次のお客さんの邪魔にならないように急ぐ。そのうち追い越されないようにという訳のわからない闘争心に火がついて、いっそう急かされるように荷物を詰める。フランスのスーパーはある意味で競技である。そして僕が一つ、これは日本が取り入れたら良いなと思ったのが、フランスのスーパーのレジ係は皆座り仕事であるということ。これは、フランスの労働法か何かで決められているらしい事を相方から聞いた。これは非常に良いと思った。客に過剰なサービスを提供するのではなく、労働者に快適に働ける環境を提供する、フランスらしい合理さだと思った。他にも色々気付いたことがあるのだが、それは次回に書くとする、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第9話】BYスタッフE

    フランスに到着してから、色々な洗礼を受け、無事に(やっと)宿泊先に到着。この時は本当に本当にホッとした。ホッとしたらお腹が減る、、。さっそく近くのスーパーへと買い物に行くことにした。滞在先の建物を出て、道を渡った先にあるフランプリと言う小さなスーパーだ。今回の旅で2度目のホッとした出来後は、このスーパーと、美味しい軽食も買えるパン屋(相方いわく、ラザニアやサンドイッチが美味しいイタリア系のパン屋さん)が滞在先の直ぐ目の前にあったことだ。実際にこれは非常に助かった。土地勘のない海外に出かける時には、宿泊先の近くにスーパーや食べ物が買える店、気楽に入れるカフェがあると、凄く助かる。特に、僕たちのように観光は二の次で、仕事の資材を買い付けに来たような場合は尚更だ。さて、フランスのスーパーに初潜入。滞在中の後半にもなると不思議なもので、フランスの習慣にも慣れてくるが、最初はスーパーでの買い物も日本とは違って少し戸惑う。先ず、入り口付近にあるオレンジシュースの販売機が目に付いた。生の(果物の)オレンジが後ろにたくさん積まれている、いわゆる100%生絞りオレンジジュースだ。相方がボトルのサイズを選んでスイッチを押し、ボトル一杯にして蓋をする。そしておもむろに電子スケールのような機械の上に乗せ、タッチパネルで項目を選ぶと印字された価格シールが出てくる。それをジュースの入ったボトルに貼ってレジで精算するという仕組みだ。基本的に野菜や、サラダバーも同じ仕組みらしい。なるほど、欲しい分だけ買えるわけだ。何だか楽しい。次回は、フランスのスーパーで僕が気付いたことを書こうと思う。次回に続く、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第8話】BYスタッフE

    バス停から宿泊先に向かう途中、宿泊先近くの小さな路地に入った時、雰囲気が変わった。レトロな情緒ある建物が道を挟んで左右に建ち並び、さっきまでの観光地的な風景とは違い、日常的な風景に変わった。仕事帰りのパリジャン達が足早に歩いている。その光景すら僕には素敵に見えた。次の瞬間、衝撃が走る、、えっ?えーー??僕の足元に目をやると、犬のう○○だらけじゃないか!これだけは言わせてもらう。これはフランス人の方ともこの後話したことだけど、とにかくフランスは道が汚い。結構どこでも犬のう○○が落ちている。何故なのか??相方も以前に同じ疑問を持ったらしく、フランス人の知人にこの疑問を投げかけたそうだ。道を綺麗にすると、清掃員の仕事を取り上げてしまうことになる、、との答え(その方の私的な意見だと思うが、、)が返ってきたそうだ。上を見れば歴史のある建物が立ち並ぶ情緒ある風景、下を見れば、、フランスって奥が深いな、、。僕も日本に帰る頃には、今よりも柔軟な思考で、もっと強くなって帰れることだろうと思う。次回に続く、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第7話】BYスタッフE

    ついにやってきたパリ。花の都パリ!!バスを降り宿泊先へ向かう。今回は、相方が昔暮らした、土地勘のあるエリア(凱旋門の西側)に宿泊先を取っていた。初めてパリのごつごつした石畳を、スーツケースを引いて歩く。横断歩道を渡る瞬間、何かがおかしい、、違和感があることに気づく。いったいなんだ、、そう、日本の歩行者信号は、青→点滅→赤という風に、歩行者に間もなく信号が変わるという合図をくれる。しかし、フランスは違う。青→赤!いきなり変わる。この信号を体験して、ああ、日本って、凄く配慮が行き渡った繊細な国なんだな、、と感慨にひたりながら、相方に目をやると、フランスに慣れている相方は、信号のことなどお構いなしに力強く、他のフランス人に混じって早歩きで(僕にはフランス人は皆歩くペースが早く感じた)目的地に力強く前進していた。僕のことなどお構いなく、、。その後ろを小走りで追いかける僕。薄々感ずいてはいたが、この人は強い!この時それを確信した。3分ほど早歩きすると、凱旋門の前に到着。初めて近くで見る凱旋門。この時僕は色んな意味で疲れきっていて一刻も早く宿泊先にたどり着きたいと思っていた。次回に続く、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第6話】BYスタッフE

    今日は、無事フランスに到着したところからのお話を。シャルルドゴール空港は当然だが、関空とは全く雰囲気が違う。海外に行き慣れてないと、この雰囲気に少し不安になる。厳重に装備した警察が警備にあたっている。入国手続きは、日本よりも厳重な感じだ。そして、とにかく混雑している。長蛇の列だ。預けた荷物を受け取り、ようやく入国ゲートを出て、空港からバスでパリ市内に向かう。どちらかと言えば、日本より乾燥している感じだ。不思議なもので、日本とは空気の匂いも違う。そして日本より気温も低いため、身が引き締まる思いがした。バス停を目指していると、屈強な感じの男性2人がバス停の横に立っていた。どうやら、荷物をバスに入れる係りの人たちのようだ。ここでも日本とは違い、タバコをふかしながら僕たちに対応している。日本なら御法度だが、フランスではこれが当たり前の光景だ。相方がフランス語を話せるので会話には苦労しないが、それでも心細い。迷子にならないように相方にぴったりとくっついて行く。バスに乗り込みパリへ向かう。出発を待っていると、沢山の乗客が乗り込んできた。フランス人は皆、ボンジュール!と運転手に挨拶する。運転手もボンジュール、ムッシュー/マダム!と挨拶する。この光景すら、僕には新鮮に見えた。さて、ようやくバスが出発。10分程経過しただろうか、どこからか携帯音が鳴った。僕達が座っている前方よりその音は聞こえてくる。僕達の前に座っているのは、、運転手だけやないかーい!しかも、、電話でるんかーい!笑いながら(運転しながら)長時間話をしている、、。まさにカルチャーショックだ!そして電話が終ったかと思うと、ラジオの音量を上げた、、歌うんかーい!!!フランスに降り立って約30分程で、フランスという国を少し知る。またいずれ書こうと思うが、フランス人は結構自由に、どこででもタバコをふかす。そういった意味では、僕のような愛煙家には良い国かもしれないが、何事も個人を重んじる国だということを思い知らされた。次回に続く、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第5話】BYスタッフE

    今回は飛行機でのお話を。正直に言うと飛行機に乗るのは怖い。あんなに重たい機体が、上空を飛ぶわけで、いくら人類の文明が発達したとはいえ、、やっぱり怖いものは怖い!そんな僕が飛行機に12時間も乗るのだから、離陸前から極度に緊張していたのは、容易に想像できると思う。実際にめちゃくちゃ緊張した。しかも間の悪いことに、離陸時間が1時間近く遅れたのだ。座席に座って間もなく、○△◎●×○(←フランス語)と機内アナウンスが流れてきた。どうやら機体の再点検をしているらしい。その時僕は、無理に今日に出発することはない、今すぐ飛行機を降りたい、、と心から思った。がしかし、それは非現実的な行動だと思い直し、気持ちを取り直した。いよいよ機体の点検が終わり、飛行機が離陸するために、ゆっくりゆっくりと動き出した。そして、いよいよ加速するという瞬間に、僕の横に座っていた外国の男性が、急に十字をきり出したのだ。それも何度も何度も、、。僕も思わず手を合わせて無事の離陸を必死に祈った。二人の祈りが通じ、無事離陸し高度はどんどん上がっていった。機体が安定すると機内の揺れは少なくなり少し安心した。エールフランスの機内は、エコノミーでも中央が3人掛けになっていて比較的ゆったりと座れた。昔、幼い頃に両親とともに乗った海外線の機内は、もっと窮屈だった記憶がある。途中気流の悪いところを通過している時は少し揺れたが、極度の乗り物酔い体質の僕でも、映画を見たりゲームをしながら12時間を快適に過ごすことができた。フランスに着陸の際は、また隣の男性と共に無事の着陸を祈り、、とにかくフランスに着いた。次回に続く、、。