• 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第5話】BYスタッフE

    今回は飛行機でのお話を。正直に言うと飛行機に乗るのは怖い。あんなに重たい機体が、上空を飛ぶわけで、いくら人類の文明が発達したとはいえ、、やっぱり怖いものは怖い!そんな僕が飛行機に12時間も乗るのだから、離陸前から極度に緊張していたのは、容易に想像できると思う。実際にめちゃくちゃ緊張した。しかも間の悪いことに、離陸時間が1時間近く遅れたのだ。座席に座って間もなく、○△◎●×○(←フランス語)と機内アナウンスが流れてきた。どうやら機体の再点検をしているらしい。その時僕は、無理に今日に出発することはない、今すぐ飛行機を降りたい、、と心から思った。がしかし、それは非現実的な行動だと思い直し、気持ちを取り直した。いよいよ機体の点検が終わり、飛行機が離陸するために、ゆっくりゆっくりと動き出した。そして、いよいよ加速するという瞬間に、僕の横に座っていた外国の男性が、急に十字をきり出したのだ。それも何度も何度も、、。僕も思わず手を合わせて無事の離陸を必死に祈った。二人の祈りが通じ、無事離陸し高度はどんどん上がっていった。機体が安定すると機内の揺れは少なくなり少し安心した。エールフランスの機内は、エコノミーでも中央が3人掛けになっていて比較的ゆったりと座れた。昔、幼い頃に両親とともに乗った海外線の機内は、もっと窮屈だった記憶がある。途中気流の悪いところを通過している時は少し揺れたが、極度の乗り物酔い体質の僕でも、映画を見たりゲームをしながら12時間を快適に過ごすことができた。フランスに着陸の際は、また隣の男性と共に無事の着陸を祈り、、とにかくフランスに着いた。次回に続く、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第4話】BYスタッフE

    出発当日の朝、ホテルの部屋に忘れ物がないか確認し、酔い止めを服用、万全の状態でチェックアウトした。海外用のWiFiを予約していたので受け取りに行き、エールフランスのチェックインカウンターへ。まず預ける荷物にシールを貼る。次に荷物の重さを量る為に丁寧にスーツケースを縦に乗せるが、すかさず、横に寝かせてくださいと言われる。僕のスーツケースには、帰りの荷物用に十分な余裕があったので重量オーバーの心配はなく通過。身軽になって次にしたことは、円をユーロに換金すること。これは相方が事前に調べていた、レートが良い銀行のカウンターに行き、換金を済ませた。相方曰くは、この時に換金しておくのは金額は10万円程度、フランスに着いて直ぐに必要な金額(タクシーや電車代、食事代、初日の宿泊代など)で良いそうだ。そして出来る限り小さいお金(10ユーロや20ユーロ紙幣)にしておくと良いそうだ。50ユーロ、100ユーロ紙幣なんかをバスやの運転手に出そうものなら、「オララ~、もっと小さいお金はないのか?」と嫌がられてしまうそうだ。相方抜きではこの旅は難航しそうだ、、。さて、いよいよ入国ゲートへ。ペットボトルの飲み物は没収される。これはテロ対策で始まったそうなのだが、僕より前にいた男性が、ペットボトルのお茶を一気飲みしだしたのはそのためだったのか、、。入国ゲートで所持品やボディーチェックを通過し、ようやく搭乗ゲートを目指すことに。色々なブランド品店や土産物店を通過し、搭乗ゲートまではモノレールのような乗り物に乗って向かう。こんな調子なので、ある程度時間に余裕を持って入国ゲートに入ることをお勧めする。次回はいよいよ飛行機に搭乗、、。次回へ続く、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第3話】BYスタッフE

    今回は関空でのお話を。関空に行ったのは人生で2-3回程度の僕は、空港の雰囲気に既に海外に行った気分になった。沢山のお土産物屋や飲食店などがあり、1つのアミューズメント施設のようだ。関空からフランスへの便に乗るには早朝に家を出ないといけない。僕は何事も時間に余裕を持って行動したいほうなので、フランスに出発する前日は関空に隣接されたホテルで1泊することにしていた。そのほうが時間や心にもゆとりが出来るし、忘れ物に気づいても買い足すこと出来るからお勧めだ。ホテルの室内に入ると、目の前には滑走路が見え、夜になるとライトアップされて綺麗な夜景が楽しめ、少しセレブになったような気分に浸れる。夜はホテル内のバイキングで食事をした。沢山の豪華な料理が並んでおり、ローストビーフや子羊の煮込みのクスクス添えをチョイスしてワインと愉しんでいる相方をよそに、僕がチョイスしたのは【カレー】【お寿司】【(このタイミングでの)アイスクリーム】【(相方に頼むから一皿は食べてくれと頼まれたローストビーフ】【(二度目の)カレー】【味噌汁と漬物】【ガトーショコラ×5個】【(二度目の)アイスクリーム】、こんな食べ方をする僕に相方はあきれ気味。男は腹が膨れたらそれで満足なのだ。そして人気も少なくなった夜の関空を少し散歩して、明日のフライトのために眠りにつく、、はずが緊張であまり眠れず朝を迎えることになる。次回に続く、、。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第2話】BYスタッフE

    さて、準備も整いいざ関空へ。移動には高速バスを利用。関空までのバス移動は初めてだった。途中、昔バスケットボールを熱心にしていた頃、走ったり、バスケの練習をしていた公園が見えた。これからフランスという遠い国に行くことをしばし忘れ、無邪気にバスケットボールに明け暮れた日々を思い出した。僕は極度に乗り物酔いをしやすい体質なのだが、無事に約一時間バスに乗り、関空に着いた。これならまた次回も利用したいと思った。以前、仕事で国内線に搭乗した際、案の定気分が悪くなり、何を思ったのか、飛行機の揺れに合わせるから乗り物酔いをするのではないのか!飛行機の揺れに合わせるのではなく、自ら揺れれば酔うことはないのではないのか!と考え、軽く上下に揺れてみたが、周りの冷たい視線と、さらに酷くなるだけで何もいいことはなかった。乗り物酔いをしやすい方は、迷わず酔い止めの服用をお勧めする。きっと乗り物酔いを気にすることのない素晴らしい旅になると思う。おかげで今回は、僕も車内からの景色も楽しめた。さて、これから12時間のフライトが待っている、、。僕は生きてフランスにたどり着けるのだろうか、、、。次回へ続く。

  • 神戸北野【神戸異人館通り】から素材を求めてフランスへ【第1話】BYスタッフE

    2019年の9月下旬、神戸北野のアトリエ&ショップから、アクセサリーの素材を求めて、デザイナーである相方とフランスへの旅が始まった。現地に到着すればきっと、長い距離を歩くことになるだろうと思い、スニーカーを購入し足元を万全に固める。これが、フランスへの旅で生き抜くために僕が1番最初に実行したことだ。それと同時に、空気をよまずに会社に長期有給休暇を申請する。会社からの反応は皆さんの想像にお任せするとして、、結論から言うと、今回の旅はデザイナーである相方以上に、僕にとって大きな大きな人生の経験となった。とにかく世界は広い、もっと様々な国を見てみたい、、そう思える旅となった。自分がどれだけ小さな世界で物事を考え、感じ、それが全てだと凝り固まっていたかを体感する旅となった。話を元に戻して、フランスに行くまでに僕が他に準備したものといえば、フィットネスと筋トレの雑誌2冊、それ以外の旅の準備の記憶はない(と言うのも、旅慣れた相方が必要なものを全て用意してくれていた)。今思えば、いかに海外への旅が、大変かということを一切分かっていなかったと猛省。日本とは文化も習慣も大きく異なる外国へ旅をするという自覚が一切なかったと思う。次に海外へ旅をするときには、もっと計画的に必要なものを準備していこうと固く心に誓った、、。こんな感じで、僕の始めてのフランスへの旅が始まった。次回に続く、、。

  • information <お知らせ>

    コロナウィルス感染予防の為の店舗休業のお知らせ。

    明日3/31(火)以降の店舗営業に関しまして、引き続き今週も自粛させて頂きます。

    来週4/7(火)からの営業につきましては、前日までにブログ又はインスタグラムにてお知らせを致します。尚、オンラインでのご注文は引き続きご利用頂けます。

    ホームページにてお気になるものががございましたら、ご遠慮なくメール(info@kaorishimomura.com)にてお問い合わせ下さい。皆様も呉々もお気をつけてお過ごしください。

  • information <お知らせ>

    今週の店舗営業予定のお知らせ。

    今月初旬から、コロナウィルス感染拡大防止の為、店舗の営業を自粛させて頂いております。世界では感染急増し続けている現状を鑑みるに、決して向こう岸の火事とは思えません。皆様に新作をご覧頂きたい思いもありますが、決して油断はせず、皆様と自身の安全を考えた店舗営業をと考えております。

    つきましては、今週よりしばらくの間、日にちと時間を限定、短縮し、営業させて頂くことに致します。

    今週の営業日時
    3/27(金)11:00〜16:00
    3/28(土)12:00〜17:00

    上記の日程は、状況により変更することがございます。
    ご来店の際は、必ずインスタグラム又はブログにてご確認をお願い致します。